天津有名な観光地(天津海河イタリア風繁華街)

住所:天津市河北区,东起五经路,西至胜利路,南起博爱道,北至建国道

1、概要

天津海河イタリア風繁華街は、天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、面積42ヘクタール位です。この建物の完成は天津海河開発中の都市消費繁華街地区の重要な地域でもあります。天津海河イタリア繁華街はマルコ・ポーロ広場を中心に、区内には西洋風の建物が集まり、歴史人文的な内容を持っていて、アジアで最も大きく、保存状況が良好なイタリア風の建物群です。イタリア繁文化華街の建設と開発はこの地域の独特な歴史と文化資源を十分に利用して、イタリアの風俗を表現すのが主旨です。この風俗区はヨーロッパ文化を紹介することがテーマにされて、旅行、貿易、リゾート、娯楽、文化的なパビリオンが集約された総合的な国際的な景観地域です。

天津の九国租界の中に、イタリア租界の面積は及ばないものの、完成が遅れた独特のイタリア風建築群が建てられました。ここにある優秀な建築物には三つの種類があります。最初には純粋なイタリア風の建築物。二番目にはイタリア風と伝統的な中国風の様式が融合された建築物。三番目はヨーロッパ以外の国の建築物。

イタリア租界の住宅建築群はマルコ・ポーロ広場(一宮円形広場)を中心に、マルコ・ポーロ路(民族路)とダンテ路に沿って作られました。北東はイタリアと中国の隣接する道路(今の興隆街)から、京山鉄道に沿って、ロシアの租界に至ります。南はポゴラニ路(今の五経路)に沿って、ロシア租界と接します。南西はイタリアとオーストリアの隣接する道路(今の北安道)に沿って、興隆街に至ります。総面積はおよそ800エーカーです。

ここにはイタリアの各時期の異なる建築が含まれています。特にマルコ・ポーロ広場周辺の建物、特に涼亭アーチ(日差し避け)とアイオニック式(ヨーロッパ調クラシック風装飾)の柱が典型的なローマ風を表現しました。このクラシック風建築はローマ建築の安定感、広くて簡潔な特徴を保存しています。古代ローマのドーム、塔、柱を大量に使い、この建築群には独特の魅力をもたらしました。イタリア風の建築は環境とのバランスを重要視しています。たとえば、広場で石の記念柱や銅像、噴水、庭園を作ろうとしますと、建物はすべて別荘様式で、環境と潤いを重視します。屋根はイタリア式の四角形タイプが多く見られますが、ドーム様式と四角形様式が区別され、円形の柱と四角形の柱が分かれていて、アーチなどで飾られています。これらの建物の高さの違いによって、美しい建築空間が作られました。世界建築博覧会と言う美しい景色が描かれていて、アジアで唯一の純粋な地中海建築群になりました。

天津海河イタリア風俗区は歴史上の政治文化の有名人の旧居の集まる場所でもあって、歴史的な文化に溢れています。さまざまな別荘がナポリの太陽の光と海からの風を浴びているように明るくて美しいです。百年以上も経過しましたが、その美しさは当時のままです。たとえば、イタリア領事館、イタリア兵舎、梁啓超、曹禺、湯玉麟などの旧住居などがあります。その特別な建築スタイルと人文歴史的な景色がこの地域に歴史文化と経済価値をもたらしました。

2、交通

地下鉄2号線に乗り、「建国道」ストップに降り、目的地の北側に着きます。或は、「東南角」ストップに降り、東街に沿い、約10分を歩き、目的地の南側へ着きます。

または、地下鉄3号線に乗り、「津湾広場」ストップに降り、海河に沿い、徒歩観光できます。

解放橋、世紀鐘、大沽橋、北安橋を経過、北安橋の対称面は目的地の南側です。歩きながら、観光したら、30分ぐらい掛かる見込みです。


二微码扫描
ウェッブシェア