天津有名観光地(天津のアイ)に関する紹介

住所:天津市河北区三岔河口永乐桥上

1、概要

 天津アイ(天津之眼)とは大観覧車のことです。天津市河北区の永楽橋の上に建てられ、河にまたがる観覧車としては世界初です。直径110m、最高地点は120mでおよそ35階建てに相当する高さです。

 天津アイのゴンドラの数は48台あり、その外観は360度透明で8人乗りになっています。ゴンドラの中は6畳ほどの広さで中にはエアコンが付いていて広々として快適です。そのため一度に384人の観光客を乗せることができます。1周するのに約30分かかり40キロ先まで見渡すことができます。最高地点に達すると周囲の景色を隅々まで一望できることから、「天津之眼」(天津の目)と名付けられました。

 2008年北京五輪の際、聖火リレーは永楽橋を渡りここ天津アイを通過しました。そして2009年4月28日に天津アイは正式開業しました。

 観覧車の埠頭には、海河に回りの船観光があり、周辺には、大悲禅院、古文化街、鼓楼、意大利风情区、奥式风情区等の観光地がありますので、ご自由に観光順を決めていいです。

2、切符 70元/名

ご家族や友人だけと一つのコンドラしたい場合、400元の個室切符購入は可能です。  

(最大限5名)

3、交通

 地下鉄1号線に乗り、「西北角」ストップに降りる。

西北角」の出口からタクシーで行けば、約2000Mで、約5min、9元


注意事項:夜になると、混んでいますので、夜7時前に早めに行ったほうがいいです。



二微码扫描
ウェッブシェア