【観光】北京天安門広場の歴史

文章附图

明の成祖永楽帝が北京遷都した時期には天安門から南下し「大明門」

(清朝では「大清門」、辛亥革命後に「中華門」と改名)に至る「千歩廊」と称される大通りと、

現在の長安路に存在した「長安左門」と「長安右門」の間を結んだ丁字形の空間が存在し、

天安門広場の原形が既に存在していた。

1954年に「千歩廊」の左右の官庁と倉庫群を撤去、中華門と長安左右門を撤去して

現在の天安門広場が形成され、天安門広場建築に併せ人民英雄紀念碑も建設されている。

また1976年に毛沢東が死去すると、翌年にかけて広場の南の中華門跡地付近に

毛主席紀念堂が建設された。

天安门广场.png

二微码扫描
ウェッブシェア