中国都市の紹介ーーマカオ〔澳門〕

澳门1.png


中華人民共和国マカオ特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくマカオとくべつぎょうせいく)、通称マカオ(葡: Macau、普通話:Àomén、おうもん)は、中華人民共和国の特別行政区の一つ。

マカオは、中国広東省南部、珠江デルタの西岸に位置し、中国本土の珠海に隣接、香港からは西に約60kmの距離にあります。マカオは、マカオ半島とタイパ、コタイ、コロアンから成る島で構成されています。マカオ半島は地域の中心で、タイパとは3つの橋で結ばれています。タイパとコロアン間の埋め立て地に新しく開発されたコタイ地区には、多くの大型国際リゾートホテルがあり、新しいインフラも整備されてます。


澳门5.jpg



    歴史概要

マカオが珠江の河口に位置する「交易の門」として知られていた頃、最初にこの地に入植したのは福建省の漁師と広東省の農民だったと言われています。 古代から、ローマ行きの絹を積んだ船舶の出発地であり、この港町はシルクロードの一部を成していました。


澳門⑥.jpg澳门4.jpg


地理・時差

マカオは広東省の珠江デルタ西岸、北緯22度14分、東経113度35分に位置し、マカオ半島北部にある關閘(出入境ゲート)は中国・拱北地区と接しています。

マカオ特別行政区の面積は30.5 ㎢あり、マカオ半島(9.3㎢、中国本土と接する)、タイパ(7.6㎢)およびコロアン(7.6㎢)、そして埋め立て地のコタイ地区(6.0㎢)によって構成されています。マカオ半島とタイパは三つの橋によってつながっています(橋の長さは2.5km、4.5 km、2.2 kmの3本です)。

關閘(出入境ゲート)の他、コタイ地区蓮花大橋にある出入境ゲートから中国本土に行くことができます。


時差について、日本より1時間遅れです。


澳门3.jpg


人口・言語

総人口は推定648,500 人とされています。90%以上は、中国人です。残りはポルトガル人、フィリピン人およびその他の国の人々です。

公用語は中国語とポルトガル語であり、広東語が最も普及しています。公用語は、政府機関における全ての公文書および通信に使用されています。一般的に英語は貿易、観光および商業に使用されています。


澳門8.jpg澳門9.jpg





二微码扫描
 
 
 
 
qrCode
ウェッブシェア