2017年【旧暦年】の立春は二つ?

二十四節気って言ってもピンと来ないですよね。だけど、立春って言葉は知っているのではないですか?立春って二十四節気の1つなんです。

立春と言う言葉は知っていても、立春がいつなのか?立春とは何なのか?を知らない人は案外多いのではないでしょうか?

通常、立春の日は2月4日になりますが、今年は2月3日でした。天文家の話によりますと、2月3日の立春はともて珍しく、前回は1897年に有ったが、120年に経ちました。次の2月3日に出る立春は2021年なるのです。

なぜ、今年中国の旧暦【鶏年】には、二つ立春が出るのか?


天文家の話によりますと、中国には、新暦年と旧暦年の時間差を調和するため、二三年おき、旧暦年に一つ閏月がされ、今年の旧暦【鶏年】には、閏月は六月に設置されたので、今年の旧暦年は長くなり、今年の1月28日(春節の日)から2018年2月15日までです。よって、旧暦【鶏年】には、二つの立春が出てます。

旧暦正月七日(2月3日)と旧暦十二月29日(2018年2月4日)です。


上記の話が分かりにくいかもしれませんが、中国の旧暦年に、二つ立春の旧暦年があり、立春無しの旧暦年もあり、また通常の一つ立春の旧暦年はもちろんあります。民間には、今年の二つ立春あるの年に、結婚したら、幸福になる伝説がありますが、これは根拠なく、ただの伝説でした



立春の食べる習慣 in天津


大根餡餃子

春を迎えるために、中国北方には、北方春季節の代表野菜ーー大根を選んで、大根餡餃子を作って、立春の日に食べます。




天津醤肉

天津醤肉は、天津の名物の一つとして知られてます。






炒合菜

合菜っていえば、ニラ、せん切り肉、春雨、もやし、ホウレンソウの合わせた物の炒めです。

春餅

立春に、春餅を食べると、春を迎え、豊作を祈る意があります。


二微码扫描
ウェッブシェア