中国のネット大型商戦日について

12月12日(中国語:双十二)は、中国では、ネット通販の大型商戦日でした。


先月の11月11日(中国語:双十一)は、独身の日という意味があります。この日は、年間の始めの最大型のネット通販商戦日と言われます。

12月12日のネット通販大型商戦は、11月11日に続く大規模イベントとして注目されております。また、国内では、求愛を意味する「要愛(ヤオアイ)」と「12(ヤオアー)」の発音が似ていることから愛を告げる記念日として知られました。特に2012年12月12日の日には、12は三つ重ね、入籍の方々が急増との報道がありました。


11月11日、12月12日このネット通販商戦日は、数年前に、最初にアリババ集団の「淘宝(タオバオ)」が打ち出しました。11月11日の双十一が終わるとすぐに双十二の宣伝や販促活動を展開しています。この数年間に、特に若者に注目されており、よく利用しています。


各ネット商社が、各モバイル端末を積極的に活用し優待券を配布し、タクシーの割引、スーパー・コンビニ・パン屋での割引も実施されてます。

最初に、私が気にしてなったのに、近くのスーパーで買い物して、アリババ集団の「支付宝」で支払った後に、スタッフさんから、10元の割引をしましたと教えました。ちょっとびっくりしましたが、喜びました。


やっぱり、数年間の発展で、ネット通販は、インタネットだけではなく、スーパー、百貨店、パン屋等のお店にも、モバイル端末を利用して、ネット販促に参加しています。


私、昨日ネットショッピングしてなかったが、私の友達が夜12時来る前に、多く買ったのです。違う商家(16店)で買って16種の買い物をしました。たぶん多くの若者が私の友達と同じで、いろいろな販促ものを買ったと思います。

日本人の皆様が、中国でインターネットショッピングをしたく、支払に悩んでいたら、ご遠慮なく、サライ不動さんに連絡ください。先に立替て購入致しますので、安心でネットショッピングができますよ。


二微码扫描
ウェッブシェア